QLOOKアクセス解析

境界、線上の先、






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


デ・ジャヴュ :: 2015/02/13(Fri)

QLOOKアクセス解析






実際は見たこともないはずなのに、 " それ " を見た瞬間妙な既視感をおぼえるときが、たまにある。
あれは一体何なんだろうなぁ、と思って考えてみるけれど、こたえは見つからない。
妄想? 錯覚? 誤解?
頭の中で思いつく限りの単語を浮かべてあぶりだしてみるけれど、どれもしっくりこない。



わかることと言えば、ぜんぶ思い出絡みでの既視感だということぐらいだ。





11:11。
BGMは、Kelly Clarksonで『Catch My Breath』





断片





きみはその黒猫の飼い主でもあり、友だちでもあり、知人でもあった。
そしてどうしようもなく他人でもあり、異種でもあり、けれど安らぎでもある。
「ちーちゃん」というのがその猫の名前で、ちーちゃんはきみの家の中でのただひとりの理解者であり、異体同心だったから、きみはちーちゃんをこよなく愛した。



「おいで、そんなに汚れて。ぼくが面倒を見てあげるよ」



実際にきみが何を言ったのかはわからないけれど、多分心の中でそうつぶやいて、きみはどこかの路地でちーちゃんを見つけた。
塾の帰りで、きみは中学生だった。
ちーちゃんはとんでもない人見知りで、旺盛な警戒心できみを威嚇したんじゃないかとおもう。
それでもきみはどうにかして、ちーちゃんを家まで連れ帰り、わからずやの父親からの承諾をとりつけ、ちーちゃんはきみの家族になった。
きみだけの家族だ。
きみが、初めて見つけた、きみの肝胆相(かんたんあい)照らす相手だった。



「しょーちゃんは、ちーちゃんみたいやなぁ」



きみはそう言って、ふっと笑った。
電話越しの声は幾分かご機嫌で、まるで相好を崩したようにちーちゃんと俺の共通項を思いつくまま列挙していく。



人見知りなところ、あまり人に懐かないところ、テンションが低いところ、何となく俺のイメージカラーがブラックなところ、無表情っぽいところ、でも懐くとすごくじゃれついて、裃(かみしも)を脱ぐところ。
「な? ちーちゃんそっくりやろ?」
全然そんなふうではないのに、なんとなく拙いと感じさせる大阪弁できみが相槌を求めた。
きみがそうやって、ちーちゃんの話をするのを俺は好きだったし、きみの痛々しいまでの失恋もそれに伴う自閉も、ぜんぶが俺にとっても心苦しいことだったから、たまにそんなして淀みない声で話すきみに会えるたび、嬉しかった。



「たまに何日か帰らんときがあるとするやん?そしたらちーちゃん、俺のこと忘れてしもうてるねん。帰ったら一週間くらいは近づいてこんねんな。薄情な猫やろー。笑」



子供じみたイントネーションで喋るきみは、ちーちゃんの薄情っぷりをそう揶揄して、渇いた笑い声をあげる。
きみがまだ、北海道で失恋する前。
元気で、 " 健全なまでに不健全 " なことをして青春を謳歌していた頃のきみ。



電話口でのきみの声はひどく甘ったるくて、一度も会ったことのないきみを想像しては、それが大抵、ひどくちぐはぐなイメージばかりなのでおかしい。
背が低くて(160cmほどの身長で、本人はそれが「すごいコンプレックス」らしい)、髪は若者っぽく茶色で(いわく、「俺は黒がいいねんけど黒似合わんねん」)、写真で見た限りかわいらしい顔でおよそ男らしい感じは見受けられなかったけれど、そのどれもがきみっぽくて、でも本当のきみを俺は知らないから、頭の中できみが動くたび、声と表情と動作がじょうずに同期しなくて困惑した。
きみのことを、もうずっと前から知っているつもりでいたけれど、本当はきみのことを解っていたときなんて、なかったのかもしれない。
きみの断片だけを見て、きみがどういう風に暮らして、どういう風に勉強をして、どういう風にバイトして、どういう風に街を闊歩するのか、俺は知らない。
何も知らない。
それなのに、きみは俺の中での拠り所になりつつあった。
きみはどんどん俺の心に居場所を作っていった。
無許可で、それでいて親しみをもって、きみはするすると俺の中に侵入してくる。



「おいで、しょーちゃん。」



たまに冗談でそう言うきみが、まるで飼い主のようで、俺はゆっくりとその声のするほうに引き寄せられる。
ちーちゃんみたいに、きみのやさしい声に手繰りよせられるみたく、俺はきみの唯一の理解者になりたかった。
そして、こよなく愛されたかったのかもしれない。
その小さい(であろう)手のひらで、やさしく撫でてほしかったのかもしれない。





また断片





きみはファッションが好きだった。
大阪の、なんとかという男子校に通っていてそこそこな進学校の生徒なくせに、きみは大学には行かないで服飾の勉強をするのだ、と力強く宣言した。



「パタンナーって、まぁデザインを型紙におこす仕事なんやねんけど、それになりたいんよ」



きみはそう説明して、いかに自分がそれに心を傾けているかを熱心に説いて、聞いたこともないようなブランド名をおぼえさせられた。
事実、きみはお洒落だった。
バイトをふたつも掛け持ちしてお金を稼ぐきみは、さながら守銭奴と言っても過言じゃなく、とにかくバイトを中心にして生活しているような節があった。
牛角という焼肉店でいっしょにバイトしていたきみの好きな男も、きみの異常なまでのオーバーワークを心配していたらしい。
ユウちゃん(というのがきみの好きな男の名前だ)は俺のことほんま心配してくれんねん、と、きみは自信満々に言った。
大親友やねんからな、と。
その大親友にこっぴどく振られてボロボロになっても、きみは同じことが言えただろうか。



毎月の給料を貯金と遊びと洋服につぎ込み、きみはおよそ学生らしからぬ格好で梅田や御堂筋をふらつき、遊び歩いた。
貯金は、服飾専門学校への資金で、きみは本気なのだとわかった。
でも、きみのわからずやのお父さんは言下に否定した。
学歴がすべてで、大学進学がすべてで、世間体がすべてだったきみのお父さんと、よくそれで喧嘩になったらしい。
それでもきみは自分を曲げなかった。
やりたいようにやる。それがきみの箴言で、きみを " きみたらしめている " 理由だったのだ。



「難しいねん」
きみは言葉そのままに、難しそうに言った。
「おとんは何もわかってくれんから」
かなしそうに言い、その意志の強さと引き換えに、良好な親子関係を築けないきみはそれでもやっぱり、家族を愛していた。
「嫌いにはなれんよな」
何もかも悟っているような口調で言い、気を取り直したようにきみが笑う。
俺もいっしょに笑って、きみが早く自由になれればいいのに、と、思った。
きみは家族の中で、落伍者だった。



「兄ちゃんはほんまにだらしない奴でいらいらする」
きみがそう言うときは決まってお金絡みでのことで、きみのお兄ちゃんはきみとは正反対のろくでなしだった。
大学生で、ろくすっぽバイトもせずに遊び歩いては金を使い果たし、きみから搾取したりお母さんから搾取したりしている。
それなのにきみがお兄ちゃんを見捨てなかったのは、家族だからで、きみはせつなそうに、
「しゃあないやん」
と言った。
電話越しでも弱々しく笑っているのがわかる、そんな声で。
きみがそういうふうに落ち込むのを見るのは辛かった。
きみには笑っていてほしい。
泣いてほしくない。
願いが叶ってほしい。
俺はきみの幸運を、心から願った。
今も、願い続けている。





ときどき思い出す。



きみの笑い声、きみの甘えた声、きみの寂しそうな声、きみの怒った声。
きみの、死にそうなほど絶望にみちた声。
ちーちゃんの話。写真嫌いのちーちゃん。
あまり鳴かないちーちゃん。黒い艶やかな毛で優雅に、気高く堂々としているちーちゃん。



俺はきみと一度も会ったことがないのに、きみを知っている、と思う。
ちーちゃんは写真嫌いだから、一度も見たことがないけれど、黒猫を見るたびに、ちーちゃんの事を思う。
それらは既視感に似ていて、俺をひどく懐かしい気持ちにさせる。
ともすると、動揺させる。
すべて自分の妄想で、過去なんて持っていないような気分にさせる。



でも、きみはいつも俺の心のどこかで笑っているのだ。
写真と電話越しの声でしか知らないけれど、きみによく似たひとを見かけるたびに、俺は口にしがたい既視感におそわれる。
そして、きみは幸せだっただろうか、と考えたりする。
きみは笑っているだろうか。
ちーちゃんはあいかわらず、無表情で生きているのだろうか。



もしきみにいつか、会えたときは、「生きたいように生きればいい」と言うつもりだ。
生きたいように生きて当然だ、と。





にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキングへ




スポンサーサイト
  1. ナオヤ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0


小さな恋と晴れた空 :: 2015/02/06(Fri)

QLOOKアクセス解析




よく晴れた日が俺は好きで、曇りの日はもっと好きで、雨の日はだいきらいだ。
この世でいちばん過ごしやすいのは、夏は曇りの日、冬は晴れの日、とそれぞれベストな塩梅がきまっているけれど、雨の日はどんな季節にも平均的なまでに不快だ。
夏はじめじめして髪の毛がいうことを聞かないし、冬はつめたくて凍えそうなくらい俺たちの体温を奪っていく。



だから俺は、雨が好きなどというひとのことを全く理解できない。
全くだ。ただのいちども、雨を素敵なものだとおもった瞬間なんてない。





彼は晴れのようなひとだった。
電話越しに笑った声があまったるくて、砂糖菓子のかけらをひとつまみ、彼という細胞にまぜて溶かしたような、そんな雰囲気のひとだった。
すてきな男の子は、お砂糖とスパイス、すてきなもの全部では出来ていないけれど、スパイス全部のなかに僅かに砂糖とすてきなものが見え隠れするような存在ではあるとおもう。
いい男の子は、ちょっとだけ " からい " 。
でも、からさの後にはほんのり甘さも残る。それが、癖になる。
俺はそれの虜だった。





俺が彼のことを好きだと気がつくのにかなり時間がかかった。
いや、気づかないふりをし続けていたのかもしれない。
彼とは会ったこともないし、こういうネットでの付き合いしかなかった。



よく晴れた日に、俺たちはほんの気まぐれから知り合った。
それはひどく心地よい気まぐれだったし、その偶然に俺は心から感謝している。
すこし肌寒くて、陽の暖かさが俺を唯一温めてくれる手助けをしてくれた。
キャッチボールでもすればうっすら汗をかいて、いい具合に息があがってしまいそうな、すてきな天気だった。





電話口の彼はほんとうに子供のように幼い声で、ときどきびっくりするくらい大人びた声で俺を呼んだ。
その声をもう一度聞きたくて、俺はがんばって頭を働かせて、話題をさがす。
彼がいつも見ている景色の話を聞かせてもらい、通っている学校の同級生の話を聞かせてもらい、となりの高校に通う女友達とのいざこざを話し、彼が好きだという友達の話を聞きながら、でも、俺は深い痛手を負わなかった。
予防線なら、いたるところに張ってあった。
彼にとって男で好きなのはただひとり、その友達だけなのだと。



彼が好きなひとの話をするとき、
彼の声はしあわせの限りだといわんばかりにとろんとして、
けっして届かない恋心をもてあまして笑った。
俺も話を聞きながら、彼のすきな男はどんなひとなのか知りたくて、
必死に想像をめぐらせて、おもいつく限りの人物像を得た。
彼がそのとき抱えていた想いは、けれど、わからなかった。



叶わない。俺も、彼も、知っていた。
きっと叶わない。だってそのひとには、となりの学校に彼女がいて、その女の子と彼は、友達同士でもあるんだから。
だから、せめて、彼の話を聞きながら、彼の想いを共有してみたかった。





俺はその頃、自分でも不毛とわかる恋をしていた。
彼へ向ける感情とはまるで違う。
やさしさや慈愛にみちた気持ちじゃなくて、自分勝手で欲望まるだしの、むせかえるような恋だった。
愛だと思っていたもの。愛だと信じていたもの。



俺の恋する男は、こういった。
「あいしてるよ」



それは、ずっと、ずっと聞きたかった言葉だった。
待ち望んで得た言葉だった。長い長い時間をさまよっているような感覚の中で、ようやく得られた愛の言葉だった。
それなのに、俺はひどくさみしい気持ちになってしまう。
ほとんど暴力的といってもいい。暴力的なまでにこの男がすきですきで、たまらない。
彼の首筋に噛みついて、髪をつかんで、おもいきり抱きしめたかった。
すきという感情を全部キスに込めて、舌で流しこみたかった。
愛なんて、ほんとうはどんなものかも知らなかったくせに。





北海道に例の友達や、その彼女、ほかの友達たち数人と旅行にいったという彼は、ある晴れた日に、ずっとすきだったその友達に告白したといった。



ホテルのそばにある、大草原といっても過言ではないような広い広いそこで、彼は一世一代の大勝負にでたのだ。



「お前のこと、すきやねん」



そう言った彼の姿を思い浮かべようとする。必死に想像してみる。
……でも、わかるはずがない。
声でしか、俺は彼を知らないのに、まるでずっと昔から知っているみたいに、彼の姿を勝手にイメージしていた。




「……ごめん。ナオヤ。無理だよ」



ナオヤ、つまり彼にそう言って、その友達はナオヤの前から立ち去った。
ナオヤは言葉にならない。
自分がしたことの重大さに気づき、もう取り戻せないふたりの関係をおもって泣いた。
ぜんぶが崩れてしまった。積み木を崩すみたいに、あっけなく、ぜんぶが瓦礫の山になってしまった。



「ほんま、バカやな。俺」



ナオヤが電話口で笑いながらつぶやいた。
泣いているような声で笑って、俺は胸がいっぱいになる。
今すぐ彼のもとへ行って、話をしたいと思ったけれど、そんなこと出来っこないと俺もナオヤも知っている。
900km以上離れた場所にいる俺たちは、現実のものとして存在しているはずなのに、まるで手が届かない。





「しょーちゃん、もうまじ辛いよ」



ナオヤが言って、俺はナオヤの胸の内を思っていっしょに辛くなった。
とても分かち合えない感情を分かち合いたくて、俺は、うん、うん、と返事をしながら、かなしみで一杯になる。



「ナオヤは頑張ったよ。彼もきっと、今は驚いてるけど、また必ず友達に戻れるよ。絶対に」



根拠のない慰めを言いながら、そうあってほしいと願った。
そうなってほしいと心の底から願った。
そうでなくても、辛い。





晴れた日の北海道の大草原で、ナオヤは自分の人生の重大な選択をした。
雨の日じゃなくて、ほんとうに良かったと思う。
すこしでも、ナオヤの記憶に爽やかな思い出として残ってほしいと思うから。
ナオヤには会ったことはないけれど、ナオヤがどんなに純粋な人間かは知っている。
自分に自信がなくて、相手にそっけないふりをして、
でも猫のようにするりと相手の懐に潜りこむ、
そんなナオヤのことを、俺はよく知っている。



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキングへ



  1. ナオヤ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。