QLOOKアクセス解析

境界、線上の先、






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


そこなう :: 2015/02/17(Tue)

QLOOKアクセス解析





こんなに寒い日がつづいているのに、世の中はもう既に春に目をむけていることにおどろく。
雑誌や街のショップ、テレビコマーシャルなんかがこぞって春のマストアイテムやら流行先取りやらを打ち出して、にわかに活気をとりもどしていくあの感じ。



春はきらいじゃない。
きらいじゃないけれど、植物ばかりが活き活きと生命力に溢れ、命をふきかえすような雰囲気は苦手だ。
まるで狂ったみたいに咲く色とりどりの花や、桜ふぶきのすさまじい勢い、草花の緑色にかがやく健康的な血色をみると、これから先のことを憂いてしまう。
理由なんてない。
春は、人間の生命力を奪っていく何かがあるとおもうのだ。





01:17。
BGMは、Stina Nordenstamで『Bird On A Wire』





昼間の寒さと暖かさのせめぎ合いみたいなどっちつかずな気候と、朝晩がもっともいちじるしく暴力的な寒暖差は、俺をげんなりさせる。
自転車で出勤する俺としては、暑いなら暑い、寒いなら寒い、丁度いいなら丁度いい、のいずれかにしてほしいところだけれど、そうもいかないらしい。
この上、向かい風なら尚更うっとおしい。
ペダルは重く、髪は風にさらわれて無惨にもぐしゃぐしゃで、つめたい風と相反するような陽の暖かさのせいで、厚手のアウターを着た俺の背中はひどく汗ばんでいる。
Tシャツがぴったり張りついて不快だし、風を入れようと裾をひろげてみると、冷気が俺のしめった背中からさらに体温を奪っていく。



たとえば、と、俺は思う。
たとえば、悲しいなら悲しい、嬉しいなら嬉しい、というように、どちらかの気持ちに寄り添って感情移入できれば楽なのに、と、ひどい心もとない気持ちで考える。
けれど現実には、そのどちらにも寄り添えない自分がいたりするのだ。
目を閉じてみると鬱々とした気持ちがじわっと目頭の裏から全体にひろがっていくけれど、空は清潔なみずいろで、どこまでも高く澄みきってまるで水の中みたいな気がする。
水の中で俺は、ぐにゃぐにゃ歪んでみえる陽のひかりが影を作り、同時に宝石のように丸くきらめく光の輪が辺り一辺にちりばめられているような錯覚をおぼえる。
星のようだと思った。
星が光を放っていられるのは、きまって闇のおかげだ。
闇は光より何十倍もおおきくて、すっぽりとこの世界を包み抱く。
その中で俺は、ちりばめられた小さな光や大きな光をみつけて、わずかに霞んでみえるそれが紛れてしまわないように、目を凝らすのだ。



突然、自分がこの光の輪のもとにほんとうに存在しているのか、わからなくなった。
俺はここで何をしているのだろう。
もしかしたら俺は、光の輪の外側にいるのかもしれない。
闇に扮してとおく輝くそれを見届けているような気がしてくる。
闇に紛れてしまったのは、俺のほうかもしれないと思い、これが現実なのかそれとも、ペダルを踏みすぎて引き攣りそうになった太腿の筋肉の緊張をほぐすための空想だったのか、にわかにわからなくなった。



ただひとつ思うのは、闇の中は安全だということだ。
自分を隠すには丁度いい。
暑いのか寒いのか、悲しいのか嬉しいのか、いらついてるのか浮き足立っているのかをごまかすには最適な隠れ蓑だ、と、思った。
すべてを白日の下にさらしてしまう光の輪は、春の植物じみた活発さであかるさを強めるばかりだった。





子どものころ、子どもというものがおそらく皆そうであるように、無邪気で無意味な殺戮がだいすきだった。
それは蟻の行進に水を数滴たらして、そのかんぺきな大名行列をかき乱すのを楽しんだり、みみずを掘り起こしては、枝やスコップで真ん中からまっぷたつに " ぶった切ったり " することで、文字通りそれは、子どもながらの無邪気でとめどない好奇心からくる殺戮だった。



蟻に水をたらす瞬間、俺はほとんど高揚した心持ちでどきどきしている。
興奮、といってもいい。
両手のひらで簡易的な受け皿をつくり、そこになるべくなみなみと水を溜めて、大名行列の上からすこしずつ零していく。
蟻が恐怖におののき、列がにわかに乱れほうぼうに散らばる様をみるのはひどくおもしろかった。
水をかぶった蟻は水滴のなかで無惨にも手足や触覚をじたばたさせて、ふりかかった災難から脱しようと必死だ。
俺はぼとぼと零れおちる受け皿から、とどめのつもりで一気に水を解放する。
ほうぼうに水が飛びちって、犠牲となった蟻がおなじように無様な醜態をさらす。



みみずはもっと残酷だ。
校庭の、陽の当たらないじめじめしたところに彼らはいて、石をひっくりかえしたり土をちょっと掘りかえしたりすると、すぐにそれは姿をみせる。
にょろにょろと気色の悪い動きで、おそろしく醜い容貌の彼らをみつけると俺は嬉々としてそれを弄んだ。
指先でいたずらにかどわかしたり、スコップで持ちあげて上から転落させたり、そういうのだ。
みみずは大抵激しくにょろにょろする。
それはもう、この世のおわりみたいな動作で逃げる術を模索し、殺戮の手からのがれようとあがく。
けれどそれは無駄なのだと俺にはわかっていた。
一度みつかったら、殺戮からはのがれられない。



俺はスコップでみみずの真ん中をぐっとおさえる。
みみずはその瞬間まで激しく抵抗して、どっちが頭だか尻尾だかわからない両端を、きっと生まれて初めてなんじゃないかとおもうほど力強く俊敏にうごかす。
俺は自分がびっくりするくらい興奮しているのに気づいて、すっかり楽しくなっていた。
じわじわやるときもあれば、一気にやるときもあった。
そのせつな、みみずの体は真ん中で分断され、かわいそうに終わったあともいつまでもうごきつづける。
ただ、さっきまでの威勢の良さはもうない。
頼りなげに、あるいは苦しげに(どっちがそれとはわからないけれど)頭をゆらし、体をねじる。
悶絶しているみたいに。
引きちぎられたふたつの体は、まるでなくなってしまったものを求めるように蠢きつづける。
胴体を修復しようとしているみたいに。



俺はその殺戮がすきだった。
自分が別の人間のような気がして、そのおそろしいまでの心ない行為を完遂する自分が、自然のなかの弱きものを蹂躙している感覚がたまらなかった。
子どもが皆そうであるように、ひどく無力だったから余計にそういうことが楽しかったのかもしれない。




みみずがその後どうなるのか、俺にはわからない。
ただひとつわかるのは、あの頃の殺戮はいつのまにか行われなくなったことだけだ。
いつのまにか、あの頃の殺戮者としての " なり " は影を潜め、俺は虫や自然に恐怖するようになった。
しめった土や陽光をさえぎって暗く重圧感たっぷりにかまえる木々を、俺はこわいと思うようになっていた。
蟻やみみずの仕返しなのかもしれないと思った。
自然の秩序を故意に乱し、身勝手にもほどがある暴力を、そのころの記憶が、自分自身をけん制し、封じこめたのではないか、と。



あの頃の俺にはもう戻れないと思う。
いつのまにか、そこなわれてしまった自分自身がまるで別人のようにおもえた。
引きちぎられたみみずのようにもう片方を探すけれど、それは永遠にひとつにはならない。





植物を美しいとおもう気持ちとか、いとおしむ気持ちというのが俺にはすっぽりと抜け落ちてしまっている。
りっぱに花を咲かせた桜の木でさえ、俺の目には荘厳すぎてしかたない。
自然は、いつのまにかどうしようもない恐怖としてそこにあった。
抗いようのない事物として、ただ茶色い枝をしほうはっぽう這わせて花をつけるそのすがたや、老人の皮膚のように深く刻まれたあまたの皺がより恐怖じみている。
そこから、あんなに綺麗な花が咲いて、それが風にのってなだらかに落下していく様をみていると余計こわい。



恐怖の対象は、それが集団になればなるほどより狂気じみてみえる。
思い出すのは、あの桜ふぶきだ。
桜並木の道で花びらが落ちていく。
地面にみじめに張りついた花びらは薄ピンクじゃなく、つぶれて破け、茶色く変色してしまって汚らしい。
それがどんどん積もって、ひっきりなしに俺の心を掻きむしった。
こんなの正気じゃない、と、おもう。
桜が美しいのは木に花をつけているときでも、それが開花したときでもない。
こうして生涯をおえた花びらたちが、自らを悼んでいるような気さえする、いまこの瞬間がいちばん美しいと感じた。
もう死にかけのピンクが、地面におちてもなお鮮やかに輝いている。
それらが密集していると、勢いよくふってくる花びらにかき消されてしまうような、まるで自分がモザイクのように細かい粒子になってしまったんじゃないかと錯覚したりした。



それで俺ははっきりと自覚する。
そこなってしまった、と。
光の輪はもうみえない。
花びらが狂ったように降りしきる並木道で、俺は桜がちるたびに思い出すだろう。
そこなわれてきた自分と、過去を。
闇はすっぽりと俺を覆い尽くす。
春ののんきな陽気のなかで、やわらかな陽射しとともに影を映しだした。
それを見て、光があるから影もあるのだと気づく。



かつて殺した蟻やみみずを思った。
殺戮をくりかえしたことを思い、殺戮者だった自分自身を思った。
もうあの頃の俺はどこにもいないけれど、桜ふぶきの中で消えかかっている俺は、自分がそこなってきた過去と、そこなわれようとしている今の自分自身を思った。
このままこの花びらたちのように、綺麗なものから薄汚く踏みつけられるただの残骸として朽ちていく過去を、ふかく悼んだ。
ふかくふかく悼んで、俺は自分が、もうとうの昔にそこなってきた残骸を心の中で拾い集めようとしていることを知っている。
踏みつけられて薄汚くすり切れたとしても、色がかわって二度と元の美しいそれになれなくても、そこなわれてしまった何かを補うようにして、俺は思い出しつづけるだろう。





そこなわれてきた。
一日一日、そこなわれている。
指先のささくれも、艶やかだった髪も、傷のなかった左腕も、かつて好きだった人たちも全部、そこなってきた。




これからも、毎日何かをそこなっていく。
毎日同じような顔で、違う日常を、いつもと同じ日常として生きていく。
自分の一部をそこないながら。
どうしようもなく生きるのをやめられないから。





にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


同性愛(ノンアダルト)ランキングへ





スポンサーサイト
  1. 考え事
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<13日の金曜日 | top | 許されざるひと、許しを乞うひと>>


comment

零さん

コメントありがとうございます!
女性の方も読んでいてくれていたなんて、驚きです。
それと同時に、すごく嬉しいです。
同じ体験をしたよう、なんて言っていただけるなんて光栄です。


確かにショックな記事かもしれませんね。笑
でも、子どもってそういう一面がありますよね。
悪意なき無邪気、みたいな。
そういう行動を経て、命の大切さを学んでいければいいですけどね。


これからもぜひ、読んであげてください。笑
  1. 2015/02/24(Tue) 23:55:12 |
  2. URL |
  3. しょご。 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/02/24(Tue) 09:18:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dais2sho.blog.fc2.com/tb.php/123-3fa9fb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。